手すり・段差解消工事

施工前

施工後

廊下から居間への出入口約1.5cmの段差につまずくことがあるという事で、段差をなくして、フラットに仕上げました。
段差をなくしたことによりできた、戸と床の隙間を調整しました。

施工前

施工後

玄関上り口から、土間まで約20cmあり、ステップ台を設置して高さを調整しました。
支えになるものが何も無かったので、手摺を設置しました。
椅子を置くことにより、立ち上がりをスムーズに出来るよう配慮しました。

施工前

施工後

元々手摺及び、段差解消用の階段が設置されていましたが、段が若干高く、足が上がりにくいため、緩やかな階段に、変更し、階段の幅も広くとりました。
片方のみついていた手摺も、両方に設置することにより、自分の得手とする方で、昇降できるように、配慮しました。

施工前

施工後

写真では分かりにくいのですが、どうしても壁を支えにして歩くため、壁の色が、 手が触れる部分が若干汚れて、変色しております。?まって歩くことが出来る ように、廊下に沿って壁に手摺を設置しました。

施工前

施工後

便座からの立ち上がり等に、体を支えるため手摺を設置しました。

施工前

施工後

片麻痺(御利用者様)の方からのご依頼で既設の開き戸では扉の開閉が困難な為、引き戸に変更致しました。
変更するにあたり、後付けの木枠も製作し取り付けました。施工される家によって、扉の高さや幅が違い、戸袋(扉を開けた時に扉をしまえるスペース)があるかないかで変更可否も違いますので、一度、ご相談下さい。

施工前

施工後

介助用車椅子を使用することになり、今までのアコーディオンドアでは開口幅が狭く、また約3cmの段差もあり車椅子の使用が困難なため、ご相談を受けました。
戸袋スペースもなかったため、折れ戸に変更し、緩いスロープも製作し、段差解消と開口幅を施工前より10cm広げることによりスムーズに介助用車椅子の使用が可能になりました。

施工前

施工後

浴室は、濡れて滑りやすくなるため、転倒することが多いと言われております。
写真では、3個所に手摺が設置されておりますが、写っていないところにも何個所か、設置しております。

施工前

施工後

市販のスロープを使用するのに、高さや幅等があわなかったため、そのスロープを加工して御依頼主様の御自宅に合うように加工し、設置いたしました。

施工前

施工後

施工前

施工後

施工前

施工後

普段は手すりとして使用して頂き、ご家族の方がお庭から荷物を運んだり出入り等もしやすいように要望があったので取外しが可能な手すりを取付しました。

施工前

施工後

左側がトイレ、奥が寝室の廊下です。段差が約6cmほどあります。普段は車イスで移動されるので段差を解消しました。
施工後の写真のように床の上に面になる様に段差を解消しつつスロープを設置することによってトイレの前で車いすを90度回転させ寝室からトイレの移動も楽に出来る様に工事をしました。

 免許センター バリアフリー改修工事

最新情報

2014/11/04
ホームページをリニューアルしました

2012/04/19
下記ページを更新しました
びわ湖産材の遊具&木製品
バリアフリー施工例
遊具作品集品
家具
木製建具
光触媒
その他仕事内容

2011/10/03
びわ湖産材の遊具&木製品」、を更新しました

2011/09/15
交通案内」、「プライバシーポリシー」を更新しました

2011/09/05
ホームページ公開しました

お問合せ